スポンサードリンク
  ハイスクールミュージカル ハイスクールミュージカル2 
ハイスクールミュージカル DVD ハイスクールミュージカル  スポンサードリンク

アシュレイ ティズデイル 形成外科手術を告白

『ハイスクールミュージカル』でシャーペイ役を演じたアシュレイ ティスデイルが
健康のために形成外科手術を受けたことを2007年に告白している。

これはアシュレイ自身が米People誌に対し、アメリカ現地時間11月30日にロサンゼルスで鼻形成外科手術をしたことを告白。

アシュレイは「幼い頃から鼻中隔弯曲症であることは認識しており、鼻で呼吸をするのが困難だった」
「年齢が上がるにつれ症状が酷くなったため専門医に診てもらったところ、
鼻中隔部分が80度も曲がっており、2箇所も骨折していたと診断された」とコメント。

美容目的ではなく健康を目的とする形成手術だったことを強調したみたい。
強調しなくても、アシュレイに美容目的の手術なんて必要ないだろうと思うのだが。。。

手術は5時間かかり、アシュレイの母親はずっと付き添っていたそうだ。
術後は包帯を巻き痛みや違和感はがあったそうだが、
「右の鼻穴から全く息を出せなかった」状態が改善されたことにとても喜んでいた。


アシュレイは術後間もない段階でカミングアウトしたことに関して
「何事もなかったようにファンの前に出るのは絶対に嫌だった」
「皆に形成手術を受けた本当の理由を知って欲しかったから」と言い、
もう二度と形成外科手術は受けたくないと語っていた。

ちなみにアシュレイの病気は「鼻中隔弯曲症」(びちゅうかくわんきょくしょう)
鼻中隔は左右の鼻腔を分ける壁で、軟骨と骨で形成されこれらの両面は鼻の粘膜でおおわれている。
この鼻中隔がゆがんで左右のどちらかに突出すると、突出した方は鼻腔が狭くなり、
片方は鼻腔が広くなり、鼻のなかでの空気の流れに異常が発生する。

主な症状は、鼻づまり。これはとても辛いですね。
鼻で息が出来ないと、口呼吸になり、扁桃腺がやられたり声もおかしくなりやすい。
鼻声にもなってしまうので、歌手として活動を始めたアシュレイにとっては一大事!

ただ日本では一般的に日帰りで可能な手術で、手術時間は30分から1時間。
アシュレイの5時間は長くないか!?

やはり傷跡などが残らないように、気を使っただろうから長くなったんだろうか・・・。
posted by loveSharpay at 2010年02月13日 | Comment(0) | セレブニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。